文学・芸術

これは246回目。ゴジラというと、日本が生んだ世界的なキャラクターです。1954年昭和29 ...

文学・芸術

これは244回目。歴史を見るときも、相場を見るときも、推理小説の手法というのは、役に立ちま ...

文学・芸術

これは239回目。飛行機事故は、ジェット機時代に入って以降、乗客の壊滅の度合いが飛躍的に増 ...

文学・芸術

これは238回目。形状の美しさは、きっとある真実を伝えています。よく知られているのは、黄金 ...

文学・芸術

これは229回目。ロシアという国は、どうしても日本人にとっては馴染みにくいようです。やはり ...

文学・芸術

これは228回目。合成の誤謬といいます。経済学でよく使われる用語です。個々の世界では合理的 ...

文学・芸術

これは222回目。秋刀魚(さんま)の話を書いてみます。魚が高いのです。年々高くなってきてい ...

文学・芸術

これは220回目。決闘にまつわるお話です。昔は名誉を巡る決闘や(名誉のための決闘にみせかけ ...

文学・芸術

これは219回目。わたしたちは始終、音の中で生きています。音が多すぎます。静寂という音を忘 ...

文学・芸術

これは212回目。私が民俗学に興味を覚えたのは、父親の所蔵本の中に戦前の歴史家、安田徳太郎 ...

文学・芸術

これは208回目。気がつけば、秋の足音がひたひたと訪れているようだ。一雨ごとに、秋が深まっ ...

文学・芸術

これは、207回目。夏ですから、定番の幽霊のお話です。 ::: たとえば山は、娑婆(しゃば ...