雑話

これは411回目。 今、マルクスが生きていたら。そして現在の中華人民共和国を見ていたら、ど ...

文学・芸術

これは410回目。 フランスの詩人アルチュール・ランボーの話です。世界に星の数ほどいる文学 ...

雑話

これは409回目。 片岡義男氏の近年の書物の中に、「コーヒーでもいいや」という注文を巡って ...

文学・芸術, 雑話

これは408回目。 デザインというのは、そういうお仕事に従事されている方々を除けば、一般に ...

歴史・戦史

これは407回目。 正攻法の戦術論というものがあります。クラウゼヴィッツの戦争論です。掲題 ...

歴史・戦史, 雑話

これは406回目。 さて今回は、また日ユ同祖論のお話です。 ::: 読者はいささか食傷気味 ...

文学・芸術, 雑話

これは405回目。 映画音楽のお話です。とくにこれという内容ではありません。いい曲だと自分 ...

政治・経済, 歴史・戦史

これは405回目。 むかしむかし、アメリカの女性文化人類学者ルース・ベネディクトが「菊と刀 ...

政治・経済, 歴史・戦史

これは404回目。5つの点です。 1 植民地ってなんですか? まずは植民地とはなんでしょう ...

文学・芸術, 歴史・戦史

これは403回目。 いまや、写真はあまりにも多くの決定的瞬間をとらえます。とらえることがで ...

歴史・戦史, 雑話

これは402回目。 職業に貴賤無しといいます。わたしは、あると思います。しかし、ここはそう ...

政治・経済, 歴史・戦史

これは401回目。2020年3月3日に書いたものです。 中国の地政学リスクというものは、歴 ...