小説, 文学・芸術

これは441回目。菊池寛の「恩讐の彼方に」の話ではありません。人間の情念と、その偽善性の話です。

:::

芥川龍之介の小説に『袈裟と頼通』という短編がある。

平安末期から鎌倉時代にかけての文覚上人の ...

政治・経済

これは440回目。

内モンゴルの話だ。掲題の写真は、かつてわたしが半年に一度は訪れていた、霍林河というところだ。露天掘り鉱山で有名だが、廃鉱となったあたりの跡地が緑地化された様子だ。

その内モンゴルが、今悲劇の ...

政治・経済, 歴史・戦史

これは439回目。

1989年を頂点としたバブル崩壊後、20年にわたる長いデフレに呻吟した日本は、安倍政権の誕生で曲がりなりにも復活の突破口を得た。

その安倍政権が今終わろうとしている。

次の政権に ...

宗教・哲学

これは438回目。

今日は、9月9日、重陽だ。この日は、わたしにとっては特別な日でもある。

神仏というのは、しょせん思い込みの所産である。

そう思っている。

それで良いのだ。どうせわから ...

雑話

これは437回目。(写真は品川駅港南口の昔と今)

都市計画の話、とも言ったらいいのか。要するに東京の話なのだ。

欧米の都市というのは、実に見事に都市計画がなされていることが多い。一見して整然と、そして美しいのだ ...

未分類, 雑話

これは436回目。

事実と真実は違う。

事実というのはほんとうにあったことだ。だから一つしかない。

しかし真実は、いくつもありうる。同じ事実でも、真実は複数ありうるのだ。

たとえば、セク ...