文学・芸術

これは459回目。 蕪村の話だ。 与謝蕪村。 松尾芭蕉、小林一茶と並び称される江戸俳諧の巨 ...

宗教・哲学, 政治・経済, 文学・芸術, 歴史・戦史

これは457回目。愛国の話です。 昔から感じていたことなのだが、自分が愛国者だと称するのに ...

政治・経済, 文学・芸術, 歴史・戦史

これは455回目。 趣味を軽く扱ってはならない。 趣味は選択だからだ。 つまり、その人の生 ...

宗教・哲学, 文学・芸術, 歴史・戦史

これは451回目。 非常に不思議なことがある。 昔からこのことが気になって仕方なかったのだ ...

文学・芸術

山田風太郎が、自作品のうち最も好きだと言っていたのが、「魔界転生」です。もともと、「おぼろ ...

文学・芸術, 雑話

これは、444回目。音楽の話です。 ::: こういう書物では、音楽の話が一番むずかしい。絵 ...

文学・芸術

これは441回目。菊池寛の「恩讐の彼方に」の話ではありません。人間の情念と、その偽善性の話 ...

文学・芸術

これは432回目。小説のお話です。昔から小説が取り上げる題材の中で、一番多いのが恐らく愛で ...

宗教・哲学, 文学・芸術, 未分類, 雑話

これは429回目。人間の歴史は、ずっと自分たちをどう定義づけるかの変遷だったようです。 : ...

文学・芸術, 未分類, 雑話

これは428回目。昆虫学者として有名なファーブルです。先般、スティーブ・ジョブスが「知性の ...

宗教・哲学, 文学・芸術

これは427回目。文学というものが、つきつめるところ人間の悲劇や喜劇をさまざまな手法で描き ...

宗教・哲学, 文学・芸術, 歴史・戦史

これは426回目。先日、カルメンのことを書きました。カルメンは小説の登場人物です。しかし、 ...