宗教・哲学, 政治・経済, 文学・芸術, 歴史・戦史

これは457回目。愛国の話です。 昔から感じていたことなのだが、自分が愛国者だと称するのに ...

宗教・哲学

これは454回目。 なかなか出来ないことなのだ。 生き馬の目を抜くような、娑婆の世界にあっ ...

宗教・哲学, 文学・芸術, 歴史・戦史

これは451回目。 非常に不思議なことがある。 昔からこのことが気になって仕方なかったのだ ...

宗教・哲学, 未分類

これは449回目。 雑感・生き抜く要領 やってみれば、失敗しても多少はなにか残るものだ。 ...

宗教・哲学, 雑話

人間を、物の見方や考え方で大きく二つに分けるとしたら、霊を信じるか、信じないかと分けること ...

宗教・哲学

これは438回目。 今日は、9月9日、重陽だ。この日は、わたしにとっては特別な日でもある。 ...

宗教・哲学, 政治・経済

これは435回目。 今日、安倍晋三総理大臣が辞任を正式に表明。残念なことだった。市場にたず ...

宗教・哲学, 文学・芸術, 未分類, 雑話

これは429回目。人間の歴史は、ずっと自分たちをどう定義づけるかの変遷だったようです。 : ...

宗教・哲学, 文学・芸術

これは427回目。文学というものが、つきつめるところ人間の悲劇や喜劇をさまざまな手法で描き ...

宗教・哲学, 文学・芸術, 歴史・戦史

これは426回目。先日、カルメンのことを書きました。カルメンは小説の登場人物です。しかし、 ...

宗教・哲学, 文学・芸術

これは416回目。 ゲーテのベストセラー『若きウェルテルの悩み』という書簡体小説。当時、ウ ...

宗教・哲学, 雑話

これは415回目。 当たり前のことですが、意外に日常、忘れてしまうことです。世の中に絶対的 ...